2011年12月06日

安く買って高く売る

金融危機でも儲かった世界一頭のいい資産の殖やし方 [単行本(ソフトカバー)] / リック イーデルマン (著); 方波見 寧, 方波見 寧 (監修); 方波見 寧 (翻訳); 青春出版社 (刊)


株は安い値段で買って高い値段で売る
預金しているだけでは、インフレ率を考えると
資産の価値が減っていく!
リスクを小さくするには分散投資!
ファンドの選び方のコツ
...などが書いてありました。

「安い値段で買って高い値段で売る」
FXでもこれが実践できれば問題ないのですが、
なかなか予想は当たらないものです...〜〜

そこでチャートの本を読み直していると、
DMIというテクニカル指標が使えそうだと気づきました。
これは、3本の曲線からなり、
上昇パワー、下落パワー、トレンドの強さを表します。
チャートに照らし合わせてみると、
上昇、下落のタイミングが結構当たっています。
これを参考にすれば、これから上がるのか下がるのかがわかるじゃないか!(○o○)/

チャートには、移動平均線やボリジャーバンドを常時表示するように設定をしていたんですけど、
このDMIも追加してみました。
これで上下の予想はおおよそ当たるようになりました。

でも昨日は、レートの変化があまり大きくなく、
ちょっぴりしか増えませんでした。

そして、米ドル両建て...
またこの壷にはまってしまい、
決済しようにもできなくなってしまったーー

レートよ、もっと動け!

posted by ゆきんこ at 09:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。